スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014 DENSIYAMA



デンシヤマ
お寺で実験音楽、ノイズ、人、アンビエント。日本らしいストイックで瞑想的な音楽空間。
シュールレアリスム(超現実主義)とは、現実を離れていたり非現実であるのではなく、「ものすごい現実」「過剰な現実」「上位の現実」である。

当日 2500円
前売り2000円
民族楽器コイズミ   cafe&bar pueblo parallax recoadsにて店頭販売

平成二十六年 三月二日
開場四時半 終演八時
場所
妙蓮寺
地図


Live
毛利 桂
ポータブルプレーヤーやエフェクト等により独自のターンテーブル奏法を模索/追究し続けるエクスペリメンタル・女性ターンテーブリスト。
2008年 永田一直氏らと北欧ツアーを行う。
2009年 ericM、Martin Tetreault、Ignaz Schickらのターンテーブリスト達とヨーロッパツアーを行う。
1998〜2009年 実験ターンテーブルユニットBusratchとしても活動し、国内外の美術館やフェスに参加。 
2013年 Tim Oliveとの共作「Various Histories」を845 Audioからリリース。
2014年2月には康 勝栄 によるロンドンでのフェスティバル「multipletap」に出演。

炭鎌 悠
大学在学中コンクレート、アクースマテックなどの音楽に出会い自らも製作し、ラジオノイズなどを用いたライブパフォーマンスを細々と始める。現在自分自身の音表現を模索しつつキャベツをむさぼる日々。

sugi-eee
MPC2000によるドローン演奏家。2002年より不定期的に京都で活動。

DJ
tatai(shrine.jp
京都在住。DJ tatai W-DRGNのメンバーとして活動する。またバルスと共に「電子山」を主催。2012年2月には京都エクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベルshrine.jpよりtadashi sasai名義でアルバムをリリース。

バルス
電子音と予想外な音源とのリミックスからつくられる非旋律は、不快と快楽の狭間を揺れ動く。その超現実的パフォーマンスはDJとして背徳的。2009年tataiと共にユニット電樂二重奏をスタートする。

VJ
WASABI [WASBEEN]
マルチクリエーター。世界を放浪して得てきた体験をアートという形で再構築する。2010年ノイズイベント電子山にてVJとして異空間を演出。そして2013年に汚点紫で行われたボク、テレパくんにて再び異空間を出現させる。
wasbeen.net

展示
イノウエヒロアキ
絵描き/嵯峨美卒業後、精力的に国外国内と作品を発表しつつ>2011年にアートユニット井上家(INOUEKE)を立ち上げる。ユニットの代表者。グループ展、個展など活動中

森 無童(啓)
書道展覧会の作品制作の他、書道パフォーマンスや看板制作、書道のワークショップ等を実施。『まっすぐ生きること』『人生には逆転がある』を信念に生きています。

物販
pueblo     
BAD PSYCHO HEAD  オーダーメイドシルバー
愛 オリジナルろうそく
neo/sekai かばん等
Umio 漆

電樂二重奏

電樂二重奏で使用している楽器が遂に最終形態になりました。

冷却ファン                 変色

壱号

live





 

ボク、テレパくん!

 
  •                             
    「電子山」オーガナイズ!!!!!!!!

    〜「ボク、テレパくん!」第1話〜




    2013年6/29(土)
    @汚点紫(Shimimurasaki)
    20:00start
    入場無料・おひねり制
    (要オーダー)

    [出演]
    電樂二重奏(電子山)
    sugi E
    ememe
    Nobuto Suda(tobira records)

    VJ
    wasabi


    電樂二重奏
    ぞうさんギター的なやつを分解したことによって生まれたノイズ発生装置を操るバルスと、アップライトベースの間違った使い方をするtataiによるユニット。
    二人の掛け合いから生まれる音楽は間違いだらけ。
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=o-ow0Zvcae8


    須田宣人
    京都在住音楽家/サウンドアーティスト。DAWによる編集とギター/シンセサイザー/環境音や具体音などを用いた即興演奏を組み合わせた抽象的な作風の楽曲を多く制作している。これまでに複数の電子音響/アンビエントレーベルより作品の発表を行っている。
    http://nobutosuda.org/
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-o1D6ye5HFo


    ememe
    元々はグラインドコアバンドを組もうとしていたが、メンバーが揃わず諦め、一人ででも出来るdtmを始めた。
    音楽理論等を知らない為か、型にとらわれず非常に幅広いスタイルの曲を作り、また、同じスタイルの曲は作らないことを旨としてもいる。
    ライブではラップトップを用いての幻覚的なノイズミュージックや、パーカッションの即興演奏をすることが多い。
    2013年春にはベルリンでのライブも成功させる。
    向井千恵氏、松本智仁氏との即興バンド、amabeys!でも活動。
    https://soundcloud.com/amogano-a-k-a-ememe
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8wuk3RcaXJs

     
〒6038165 京都市北区紫野西御所田町35

コンピCD 魅惑のシュルレアリスム

     
6/3リリースイベントのCDができあがりましたー!

01. from my bag  8:19  炭鎌 悠
02. 春菊  4:17 バルス
03. namatamago  6:49 tatai
04. this is a pen  4:57  バルス
05. IN_DUST,REALISM(live_performance_2012) 13:41  veltz
06. kinokawa  2:44  tatai
07. はなのぼらせ  9:33 炭鎌 悠
08. wesgil 5:30 バルス
09. biju 4:44  tatai
10. 電樂二重奏  9:57  バルス&tatai

mastering : ken'ichi itoi

当日2100円で売りますのでよろしくおねがいします。

平成24年度 電子山 inメトロ

            

平成24年度 電子山 inメトロ  (コンピレーションCDリリースイベント)

6月3日 開演19:30−
当日2500円 前売り2000円(詳細はメトロホームページにて) 

お寺で実験音楽、ノイズ、人、アンビエント。日本らしいストイックで瞑想的な音楽空間。
シュールレアリスム(超現実主義)とは、現実を離れていたり非現実であるのではなく、「ものすごい現実」「過剰な現実」「上位の現実」である。
をメトロでやります。

クラブ メトロ http://www.metro.ne.jp/

今年は妙蓮寺が改装工事で使用できないためメトロでやります!さらにデンシヤマのアーティスト(バルス、tatai、veltz、炭鎌 悠)によるコンピレーションアルバムが完成しました。

DJ

バルス http://jp.myspace.com/creampsyder
電子音と予想外な音源とのミックスからつくられる非旋律は、不快と快楽の狭間を揺れ動く。その超現実的パフォーマンスはDJとして背徳行為。

tatai      http://www.shrine.jp/     
京都在住。DJtatai W-DRGNのメンバーとして活動する。またDJ バルスと共に「電子山」を主催。2012年2月には京都エクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベルshrine .jp よりtadashi sasai名義でアルバムをリリース

ライヴ
Rah 000

リョウマササキによるアナログシンセやサンプラー等々といったハードウェア機材をベースに構築し、始まりもなく終わりもない只そこにある修養的世界観をノイズ、アンビエント、現代音楽、クラウトロック、スピリチュアル・ジャズ等のサウンドを踏襲しつつも、あくまでもオリジナルにコンセプチュアルに表現することを旨とするエクスペリメンタル・プロジェクト。

ichion http://www.shrine.jp/
京都のオルタナティヴシーンを支えてきたカリスマ性を兼ね備えたインディーバンドtorico。2008年に惜しくも活動を休止した同バンドのフロントマン荒石亮氏のソロプロジェクトichionが、貴重な音源をshrine.jpからリリース。自作楽器を用いているということからもわかるように、一音に込めたこだわりが随所に散りばめられている。無音の中にユニークな音が響く印象。フェイドするフィードバックと、弦楽器からアタック音だけを取り除いたような伸びのある音が生み出す浮遊感。この2 つのコントラストを軸に、全編を通してエンターテインメントに長けたカラフルな演奏が繰り広げられる。

avant-gals http://www.shrine.jp/ 

解体?破壊の果てに無あるいは究極のミニマリズムを探る。インタラクティヴアート集団ekran代表の古舘健(The SINE WAVE ORCHESTRA)氏とアドバンスレーベルshrine.jp主宰糸魚健一(PsysEx)氏によるノイズユニット。

veltz   http://www.vlzprodukt.com
金属廃材やアナログTVなどの廃棄されゆく素材に主眼を置いた奏/展示などを展開する。VLZ PRODUKTを主宰、様々なアバンギャルドアーティストの制作/イベント運営を行っている。東京在住

炭鎌 悠 http://www.myspace.com/sumikamaharuka

大学在学中コンクレート、アクースマティックなどの音楽に出会い自らも制作し、ラジオノイズなどを用いたライブパフォーマンスを細々と始める。現在自分自身の音表現を模索しつつキャベツをむさぼる日々


電樂二重奏
ぞうさんギター的なやつを分解したことによって生まれたノイズ発生装置を操るバルスと、アップライトベースの間違った使い方をするtataiによるユニット。二人の掛け合いから生まれる音楽は間違いだらけ。

電子山のmix CD

           

このたび電子山のmix CDを店頭販売することになりました。dj バルス、tataiのdjmix二枚組みで1000円です。下記の店で販売します。よろしくおねがいします。
民族楽器コイズミ  TRANSIT RECORD

メールでの注文も受け付けます!
お名前、住所ご連絡ください。       cream_psyder@yahoo.co.jp      



平成二十三年 電子山

デンシヤマ

お寺で実験音楽、ノイズ、人、アンビエント。日本らしいストイックで瞑想的な音楽空間。
シュールレアリスム(超現実主義)とは、現実を離れていたり非現実であるのではなく、「ものすごい現実」「過剰な現実」「上位の現実」である。

先着30名様1牛乳プレゼント。
当日 2500円 前売り2000円 
民族楽器コイズミ  TRANSIT RECORDS  cafe&bar pueblo にて店頭販売

平成二十三年 三月六日
開場四時半 終演八時

場所

妙蓮寺
 

ライヴ

veltz                                    
Amogano aka ememe             

DJ

バルス
tatai

展示

すずきあい
hamandara(ひょうたんランプ)
2%er(改造原付二輪)

ライヴ祭壇
ラッキー

装飾

bois(生花による)

写真

wataru-n

漆小物販売

Raku ran
Umio

かばん販売

neo/sekai

今年のお茶

一葉茶
蓮茶

電子山 2010 記録

写真

スライドショー
 

映像


 

電子山 2010




お寺で実験音楽、ノイズ、人、アンビエント。日本らしいストイックで瞑想的な音楽空間。 


Experimental ambient music, produced with noise and various instruments. Come join us at Myo-renji temple and experience a Japanese atmosphere of music, peace and meditation.


シュール【仏 Sur】
超現実主義。意識化の世界など現実を超越した表現を試みた前衛芸術思想。
(学研カタカナ新語辞典より引用)

2010 3/7 妙蓮寺 表書院

開場16:30 開演17:00 終演20:00

妙蓮寺について

当日3000円 フライヤー持参2700円

定員になり次第入場をお断りさせていただく場合があります。
(前売りチケット優先)

前売り2500円【取り扱い店舗】

  民族楽器コイズミ(外部サイト)
  TRANSIT RECORDS KYOTO(外部サイト)


Hair Stylistics (中原昌也)

1970年東京都生まれ。
88年頃よりMTRやサンプラーを用いて音楽制作を開始。90年、アメリカのインディペンデントレーベルから「暴力温泉芸者=Violent OnsenGeisha」名義でスプリットLPをリリース。その後も『OTIS』『QUE SERA,SERA (THINGS GO FROM BAD TO WORSE)』などのアルバムを発表。ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンらの来日公演でオープニング・アクトに指名され、95年のアメリカ・ツアーを始め海外公演を重ねるなど、日本以外での評価も高い。
97年からユニット名を「Hair Stylistics」に改め活動。2004年に待望のアルバム『custom cook confused death』が発売された。音楽活動と並行して映画評論も手掛け、阿部和重との共著『シネマの記憶喪失』(文芸春秋社)、14名の批評家や映画監督、小説家などとの対談集『映画の頭脳破壊』(文藝春秋社)などが発売中。また98年に初の短編小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出書房新社)を発表した後、2001年に『あらゆる場所に花束が……』(新潮社)で三島由紀夫賞を受賞、2006年には芥川賞にノミネートされるなど、作家としてもますます注目を集めている。
そして2008年、boidから出版された『中原昌也 作業日誌 2004→2007』が第18回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。2009年3月に毎月リリースされた『Monthly Hair Stylistics』シリーズが完結。その後一ヶ月間、本の表紙やCDのジャケットの原画をはじめ、青山のオン・サンデーズにて個展「中原昌也 ペンディング|ペインティング展」を開催した。

Hair Stylistics (中原昌也)HP(外部サイト) 

Sounds

live

Hair Stylistics (中原昌也)

dj

tatai (冷奴)
バルス (prism)

展示

hamandara
mad rice(外部サイト)

写真

wataru-n(外部サイト)

光彩

wasbeen(外部サイト)
hamandara (ひょうたんランプ)

出店

黄虎【着物リメイク雑貨等、天然石サンキャッチャー】
KODAMA【草木染め(麻ふんどし、綿五本指靴下、帽子)】

電子山 2009 記録

映像

PR